沖縄に行ってきました

f:id:jkjs:20180910212015j:plain 数年ぶりに沖縄に行きました。大学時代の友人たちとのんびり旅行だったので、美ら海水族館や北部のリゾートホテルまで足を伸ばさず本島南部と那覇市内でゆっくり自然を見てお茶をした感じの旅行になりました。

現地集合・現地解散の旅行だったので、遠慮なくクラスJの座席を予約し、遠慮なくサクララウンジで寛いだのですが、時間帯がよくなかったのか羽田のサクララウンジは結構混雑していて、あまり落ち着いた雰囲気ではなかったです。それでも搭乗口に行くと周囲のベンチはほぼ満席で座るところがないくらいだったので、ラウンジにいたほうがはるかにましではありましたが…。

本当はラウンジで意識高くiPadを使って作業するなり時間を有効に使いたかったのですが、結局LINEしたりお腹を壊してトイレにかけこんだりで、有意義に時間を使うことができませんでした。サクララウンジってそこまでトイレが広い訳でもなく高級感がある訳でもなく、普通にトイレ渋滞が発生してしまって大変申し訳ない気持ちになりました。

乗る便が大幅に遅延してしまった上に、ホテルを予約したのが自分だったので先にホテルに行ってもらうわけにも行かず空港で待たせてしまったのは申し訳なかったですが、幸いクラスJで前の方の座席を予約していて荷物も預けなかったので着陸してすぐに合流できたのはよかったです。

移動に関するお話はここまで。。

那覇についてからはまずゆいレールでホテルに向かいました。かつて沖縄旅行に来た際は、那覇空港で車を借りたのですが、予約していたにも関わらず車を借りられるまで相当時間がかかってしまったので二度と空港のレンタカーは利用するものかと思い、レンタカー利用は必要最小限の時間に留めることにしました。そのほうがホテルの駐車料金も取られないですしいろいろ縛られずに済んでストレスが少なかったのでよかったです。

利用したホテルは最近新しくできたティサージホテル那覇というホテルでした。建物自体も新しいようで設備がすべて最新。利用していてとても快適でした。USBポートも2つあったり、コンセントも充実していたり、水回りもきちんと設計されていて、何一つ不満がなかったです。駅から少し離れており周囲に何もないので少し不便ですが、コンビニやレンタカー屋さんはあるのであまり気になりませんでした。むしろ静かなのでよかったかもしれません。

ホテルの朝ごはんも豪華というほどではないですが、美味しそうな料理がいろいろと用意されており大変美味しくいただくことができました。 沖縄料理も何種類かあってとてもお得な感じがしました。

少食派なので見た目が貧相ですが、沖縄そばやもずく酢、アーサー入りスクランブルエッグ、麩ちゃんぷるーなどをいただきました。食べませんでしたが、じゅーしーや味噌汁、ミミガーの何かもあり友人たちは取りすぎたと言っていました。 f:id:jkjs:20180910205226j:plain

話は戻り、1日目はホテルに荷物を置いた後、シャトルバスに乗って瀬長島へ行きました。インスタ映え写真の撮影を目指していたのですが、飛行機が遅れてしまったので夕日は見られず、そして風が非常に強かったので思うような写真が撮れずに終わってしまいました。沖縄でやる必要があるかどうかはともかく、夕食はイタリアンをいただき、のんびりおしゃべりして楽しい時間を過ごせました。 f:id:jkjs:20180910210427j:plain

2日目は車を借りて南部を中心に周りました。まずは今回のお目当であるガンガラーの谷のツアー。1ヶ月くらい前に予約していましたが、土曜日だったこともあって10時の回はすでに満席で9:40からのツアーが開かれていたくらいの人気でした。 亜熱帯の植物は見応えがあり、鍾乳洞や発掘現場を見学することで生物・地学・考古学といった盛りだくさんの学びを得ることができました。アウストラロピテクスが最古の人類ではないことを初めて知ってのは衝撃でした…。

ガジュマルはすごく不思議な木で根っこが木の枝から生えているみたいです。そして成長もとても早いそうです。インスタ映えではないですが森の心地よさを感じられる写真は何枚か撮れたかなと思います。 f:id:jkjs:20180910211252j:plain f:id:jkjs:20180910211413j:plain f:id:jkjs:20180910211440j:plain

その後ケイブカフェという洞窟の中にあるカフェでフロートをいただきつつ、次どこ行くかGoogle Map見ながら作戦会議を立てていると、近くに陸続きになっている島がありビーチもあってガラスボート乗り場もあるくらいだったので観光地なのだろうと思い突如行くことにしました。

島の名前は奥武島でおうじまと読みます。どうやら天ぷらが有名らしく、では昼ごはんは天ぷらでよさそうというノリで向かうことにします。向かったところ島入り口の天ぷら屋さんは行列ができていたため、海鮮丼があるらしい市場に行って様子を見ることにしました。

市場に行くと複数のお店がそれぞれの船で揚げた魚介類を刺身などにして売っており、その場でいただくことができる仕組みになっていたので、我々もそこでお刺身とあら汁をいただくことに。沖縄のお魚をいただくこともできたし大変美味しく気軽に食べることができてとても気に入りました。 f:id:jkjs:20180910213549j:plain

刺身も食べたにも関わらず結局天ぷらも食べてしまいましたが、こちらも美味しく大満足の奥武島でしたが、ちょっと疲れてしまったのでガラスボートは乗らず、島を後にしました。

続いて事前に調べたニライ橋カナイ橋に行き、ようやく晴れてきてこれぞ沖縄の海という海を見ることに成功しました。 ほぼ同じ景色をミラーレスの安いカメラとiPhone8で撮影してみたのですが、比べてみるとさすがにちゃんとしたカメラのほうが風景は綺麗に撮れますね。カメラは正直荷物になって邪魔だなと思ってしまい、次の旅行はカメラ持って行かなくていいのではないかと思ったくらいなのですが、思い直しました。

PENTAX Q-S1で撮影 f:id:jkjs:20180910214449j:plain iPhone 8で撮影 f:id:jkjs:20180910214436j:plain iPhoneは雲に焦点が合わさってしまったのか雲が異常に白く、海の色が変な感じになってしまいました。未だにiPhoneのカメラはうまく使いこなせない…。

疲れてしまったので近くのカフェくるくまでお茶をし、旅行に全然関係ない話に花を咲かせていたのですが、実はこのあたりからだいぶ頭が痛くて眠くなってしまい、那覇市内に戻りつつ波の上ビーチに行って一応ビーチに行ったという実績だけ積み、ホテルに戻ってしまいました…。しばらく休んだのですがなかなか頭痛が治らずなんだか気持ちも悪いし体の内側に熱がこもっている感じだったので調べると完全に熱中症にかかってしまったようでした。友人たちにポカリや水、おにぎりなどの食べ物、そして氷などを持ってきてもらい、しばらく寝ているとだいぶよくなったので本当によかったです。ものすごく迷惑をかけてしまったので、熱中症にならないよう十分に対策を練らなければと思います。

余談ですが、熱中症のせいで密かに実行していたエコ旅行は失敗に終わり、コンビニでいろいろ買ってしまったのでゴミを増やす結果になってしまいました。すごく悲しい。睡眠が足りてなかったのではと言われましたが、よく考えるとこれまでの旅行でも南国に行くと初日はだいたい軽い熱中症のような状態になってしまうので体質的なものもあるのかもしれないですね。いずれにせよ原因究明は早急に行いたいと思いました。もうすぐ秋なので急がなくてもいい気はしますが。

3日目はだいぶ回復しましたが、めがねのまま、写真はほとんど撮らずに過ごしたのでさくっと記述すると、チェックアウト時刻ギリギリまでみんなでぐだぐだ過ごし、タクシー捕まえて識名園を訪れました。友人が農学部出身で庭園に詳しいので見つけてくれた観光スポットですが、静かでなかなかよかったです。話を聞くと、現在の庭園や建物はほぼすべて戦後に以前のものを復元したもののようですが、松の木はどうしても成長が遅いので代わりにデイゴやガジュマルを植えているとのことでした。確かにガジュマルがこんな立派な庭園に生えているのは不思議に思っていましたが、すべて焼き尽くされて何もなくなってしまった戦後の様子を感じさせない美しい庭園が復元されていて美しい景色を見ることができました。かなり蚊に刺されたことだけが残念でしたが、首里城よりもおすすめな観光スポットです。

識名園からはバスでパレット久茂地に戻り、ソーキそばを食べたりBLUE SEALアイスクリームを食べたり国際通りでお土産を見たりして帰りました。国際通りでお土産を見ても荷物が増えてめんどくさいから空港で買おうと思ってしまうので、次回からは別に来なくてもいいかなって思わなくもないですね。日曜なのにかなりすいてました。那覇空港では友人たちがANAスカイマークで帰る中、自分だけ搭乗口の異なるJALの便を取ってしまったので協調性ないなと反省し、保安検査場の通過がギリギリになって慌ただしくなってしまったので、次回の反省点の一つになりました。結局免税店も見れなかったですし。

次は台湾に行きたいなあと話しつつ大満足で終わった沖縄夏休みでした。